返回列表 發帖

八卦掌-福岡八卦掌教室 大和晉

定式八卦掌


八形掌


…馬傳旭-信立天-大和晉


資料來源:http://baguazhang.web.fc2.com/information/profile.html


大和晋
武術関連経歴

1980

伝統空手(全日本空手道連盟糸東会) を学ぶ

1990
全日本空手道連盟初段取得

1992


1997

北京へ留学:北京市八卦掌研究会教練/信立天老師より八卦掌を学ぶ

 ※計11年(1997~1999、2003~2012)

1999

日本へ帰国

2002年 心身統一道体験講習会参加

2002年 水明流合気柔術道場体験入門

2003

就職で再度北京へ渡航 信立天老師より継続して八卦掌を学ぶ


2004年 八卦掌第4代伝承者 尹派/王尚智先生のもとで体験入門

2005
山西省形意拳協会戴氏心意拳委員会主任霍永?先生より戴氏心意拳を学ぶ

2006年 北京武協宗勛武館 体験入門

2007年 徐浩峰監督(伝統武術に精通、新しい武侠映画で多くの賞を受賞)を訪問

2010年 野村暁彦先生蟷螂拳体験クラス参加

2010年システマ体験入門クラス参加

2010年平直行先生セミナー参加

2010年世界中国内家拳連盟2010年国際武術訓練(河北省廊坊)訪問

2012

9月

日本へ帰国

大和晋(やまとしん)
1974年新潟市出身

留学と仕事の傍ら中国北京市にて合計11年生活。
民間伝承の伝統武術を中国語でじかに学ぶ大変貴重な期間でした。
恥ずかしい話ですが、私は大変覚えが悪く
「ああでもない、こうでもない」と贅沢に時間を掛け、
多くの回り道をしながら大好きな武術を自分なりに学習してきました。
武術大会での優勝のような輝かしい記録はありません。
しかし、忍耐強く愛情にあふれた先生と、
多くの武友に恵まれここまで至ることができました。

不器用な私がこれだけの時間をかけてよかったと思えることが1つあります。
それは、武術学習を志す人が犯すであろう考え違いや間違いをことごとく
自分で経験したと思われることです(笑)
習う立場から離れ、教える身となると、
これが大きなメリットとなることに気づきました。

習う方と山の頂を目指しましょうという時に、
最短コースでその人を引っ張り上げるということをしたら、
その方が自分の足で頂を征服したことにはならないでしょう。
世の中はそんなノウハウ情報で満ち溢れています。
習う人には、頂を目指す前に、無数にある中から
自分の目指したい山を選ぶ。そして、山を選んだら次は自分が攻めたい
コースを選ぶという自由があります。コース選びを間違えて引き返しても、
それはその方が自分の頭と足を使って得た山についての経験知として蓄積されます。

私が指導員として行えるのは、習う方と同じ場所に立ち一緒に歩くことです。
同じ立ち位置でも、失敗して悩んだ回数は私の方が豊富です。
立ち止まったら、山を登る足を休めて、そこから見える景色を楽しんでもいい。
足元に咲く草花、空をおおう雲、さえずる鳥を眺めてもいい。
それも含めて山登りの楽しみです。

武術はしょせん敵を倒すだけの技術でしょう?

いえいえ、武術学習には山登りに勝るとも劣らない
たくさんの楽しみ方があります。

それらをできるだけ多くの方にお伝えすることが私の目標です。


資料來源:http://dacheng.web.fc2.com/hakkesyo.html

八卦掌(信立天老師)


信立天

1942年遼寧省四平生まれ。

幼少より水泳を学び、1955年に北京市遊泳隊に入り、1958年には中国遊泳隊に入り代表選手となり、1964年に体育教師となる。

当時、同僚であった呉彬、王金声、宋志平、馬漢清の各老師から長拳、炮拳、八極拳、太極拳を学び、

1968年以降、李子鳴、高子英、王培生、馬伝旭の各老師に八卦掌や太極拳を学ぶ。

1976年に馬伝旭老師に拝師し開門弟子となる。

北京市八卦掌研究会教練。北京語言学院(現 北京語言大学)の体育教師。

八卦掌修行の開始

意拳を学び、練習が進むと散打練習を行うが、その散打練習において「歩法」の重要さを感じるようになった。歩法と言えば「八卦掌」である。この頃から次第に八卦掌に興味を持ち、歩法のレベルアップを求めた。

そんな中、大学の後輩 甲斐君の紹介で、語言学院の体育教師であり余暇の時間に武術を指導していた信立天老師に八卦掌を学ぶことにした。

 練習は毎週水曜日と土曜日に語言学院内の屋外プール場のプールサイドで行われ、そこでは中国人や白人が数名集まり、各々が八卦掌や形意拳、太極拳などを学んでいた。

練習内容

 趟(足尚)泥歩、趟水歩


円周上を歩く基本功。初めはやや地を擦るようにし、以降は擦らずに歩く。

30分もすれば、地にはくっきり跡が残る。

   三盤練法(上、中、下盤)

   三頂(頭、舌、掌根)、三圓(虎口、双臂(後背)、眼)、三空(手心、胸心、足心)

 定式八掌:下沈(塌)掌、托天掌、推摩掌、柔球(叉子)掌、抱月掌、陰陽掌、指天画地掌、托槍掌

 老八掌:単換掌、蓋手掌、反背(背身)掌、劈手掌、脱身化影掌、千斤垂地掌、摩身掌、平穿掌


新八掌

 連環掌

 単操手:穿掌、揉球、単劈、双劈など



信老師は動きが猿のように柔らかく軽やかであった。馬伝旭師父の一番弟子と伺ったが、馬師父とは風格のみならず、套路も異なっていた。

 「武術」1995年夏号(福昌堂)に信老師が発表した文章「八卦掌の基本功とその功法理論」(加賀雅好氏訳)が掲載されている。その内容は以下の通りである。

八卦掌と先後八卦理論、

真正八卦掌の少ない理由、

先天八卦の卦象と八卦の体、

八卦掌の練功と中医学

八卦掌の架式とその作用

走転円圏の要領とその健身作用

八卦掌と宇宙の法則

 かなり難解な文章でもあるが、八卦掌をより理解するためにも是非ご覧あれ!


TOP

推磨掌


下塌掌


揉球掌

TOP

返回列表
Flag Counter